NASAは火星の史上初のカラー写真を撮影しました

NASAは火星の史上初のカラー写真を撮影しました

NASAは、隣接する惑星火星の史上初のカラー画像をキャプチャしました。



昨日(4月25日)、NASAの火星インジェニュイティヘリコプター(小型の遠隔操作ドローン)が、赤い惑星で3度目の飛行を行いました。ミニチュアチョッパーは、5メートルの高さまで上昇してから、横方向に50メートル速度を落とし、合計80秒間空中にあり、その間に火星の史上初のカラー写真を撮影することに成功しました。

写真は、赤オレンジ色の砂丘に覆われた惑星の岩の多い風景を示しています。 NASAによると、この写真は、航空機が空中に浮かんでいるときに撮影した火星表面の最初のカラー画像です。

歴史書のこの3回目の飛行で、Ingenuity Marsヘリコプターチームは、数日以内に4回目の飛行を計画することを楽しみにしています。最初の飛行では、インジェニュイティは地上から約40秒を費やし、約3メートルをホバリングしました。一方、2番目のテストは、5メートル近くで採用され、約1分間空中で過ごしました。



赤い惑星を飛行する上での最大の難しさは、地球上の密度のわずか1%である非常に薄い大気であり、インジェニュイティが地面から降りるのを難しくしています。

また、地球から火星までの距離は、2つの惑星間の距離をカバーするのに16分以上の電波がかかるため、リモートコントロールに問題がありません。代わりに、Ingenuityは、ミッションのメインロボットであるPerseveranceローバーからコマンドを受け取ります。

NASAは、パーサヴィアランスが火星のジェゼロクレーターで生命を探すという主要な任務を遂行する前に、さらに2回の飛行でインジェニュイティヘリコプターを利用しています。ミッションが成功した場合、これは地球上にコロニーを構築する作業を開始できることを意味します。



先週、NASAは実験を成功裏に実施しました 惑星の表面に酸素を生成します 。これは火星で二酸化炭素を酸素に変換するための重要な最初のステップであると、NASAの宇宙技術ミッション局(STMD)の準管理者であるジムロイターは次のように述べています。 声明 。 MOXIE(火星酸素In-Situ資源利用実験)にはまだやるべきことがたくさんありますが、この技術デモンストレーションの結果は、いつか火星で人間に会うという目標に向かって進むにつれて、期待に満ちています。

これはすべて、SpaceXプロジェクトが2030年までに火星に最初の人々を住まわせ、2050年までに100万人という野心的な目標を掲げることを望んでいるElonMuskにとって朗報です。

建築スタジオABIBOOも持っています 明らかに レッドプラネットに最初の自立した都市を作る計画で、2100年に住民が利用できるようになります。この都市はヌワと呼ばれ、火星の崖の1つにあるテンペメンサにあります。急な崖の上の岩の中にあるその位置は、25万人の住民を放射線や隕石から保護すると同時に、間接的な日光へのアクセスを提供します。

火星協会のロバート・ズブリン会長は、前回のインタビューでデイズド氏に語った。多くの科学を支援できる基盤を作るだけでなく、人々がそこに住みたいと思った場合にのみ成長する社会を作るというアイデアでした。

以下のインジェニュイティの3回目のフライトからこのクリップをお楽しみください。