NASAは火星に酸素を生成し、この惑星を攻撃する道を開きます

NASAは火星に酸素を生成し、この惑星を攻撃する道を開きます

科学的なマイルストーンとして、NASAは火星に酸素を生成し、人間による赤い惑星の探査への道を開きました。



火星酸素現場資源利用実験(MOXIE)と名付けられたこの実験は、2月18日に火星に到着した宇宙機関のパーサヴィアランスローバーで実施されました。これにより、二酸化炭素(CO2)が5グラムの酸素に変換されました。宇宙飛行士のための10分間の呼吸可能な酸素のために。

これは火星で二酸化炭素を酸素に変換するための重要な最初のステップであると、NASAの宇宙技術ミッション局(STMD)の準管理者であるジムロイターは次のように述べています。 声明 。 MOXIEにはまだやるべきことがたくさんありますが、火星で人間に会うという目標に向かって進むにつれて、この技術デモンストレーションの結果は期待に満ちています。

彼は続けた:酸素は私たちが呼吸するものだけではありません。ロケット推進剤は酸素に依存しており、将来の探検家は火星で推進剤を製造して帰宅することに依存するでしょう。



NASAによると、火星の大気は96%の二酸化炭素です。 MOXIEはCO2分子から酸素原子を分離することで機能し、一酸化炭素は廃棄物として大気中に放出されます。今回はわずか5グラムの酸素しか生成しませんでしたが、MOXIEは1時間あたり最大10グラムを生成するように設計されており、火星の1年(地球上ではほぼ2年)の間に少なくとも9回以上酸素を抽出することが期待されています。

このニュースは、2026年までに火星に人間を送ることを望んでいるイーロンマスクと、2054年に建設が予定されている火星で最初の自立した都市であるヌワの設計者の両方に歓迎されます。

今週、Dazedと話して、Nüwaの背後にある建築事務所であるABIBOOの創設者であるAlfredoMuñozは、火星での生活は非常に激しいものになるだろうと述べました。彼は次のように付け加えました。人間が別の惑星に定住することは、人類の歴史におけるマイルストーンになります。あなたは冒険だけでなく、自己成長についての経験の一部になります。私たちが火星で生き残ることができる唯一の方法は、私たちが種として誰であるかを超越することです。



火星での人間の生活について詳しくは、こちらをご覧ください。