それを殺す新世代の日本の写真家

それを殺す新世代の日本の写真家

日本がメディアとかなりユニークで特別な関係を持っていると言っても過言ではありません。日本からの出版物ほど素晴らしい写真集はありません。のようなマスターの足跡をたどる Moriyama荒木 そして Sugimoto のような尊敬されている若い名前 Takashi Homma そして Rinko Kawauchi 、他の多くの中で、これらの10人のアーティストは、日本がまだ新しい写真の才能を見るのに最適な場所であることを証明しています。



SATOSHI FUJIWARA

デモでの国家権力、警官、残虐行為の乱用に関する藤原のイメージは、彼の催眠プロジェクトの1つにすぎません。ここに力が詳細にあります。彼の画像は肖像画を解体し、最も透明で質感のある肌を露出させ、高く評価されている日本の写真雑誌で個展を開催します。 IMAのコンセプトストア 東京と首都の三宅一生のスペース。これらの画像を見ると、彼が勝ったのは当然のことです。 日本写真賞 2014年に。

#police #cover_up#デモ#残虐行為Photography Satoshi Fujiwara



KOHEY KANNO

現在ブルックリンを拠点としている菅野の作品は、オレンジ色の光に満ちたビール瓶に入った菖蒲のアーティストのイメージや、遊び心のある都会性など、心に残る美しいものから逸脱し、彼の周りの世界やより段階的なファッション撮影を捉えています。彼は数多くのzineショーに参加し、Vogue、Elle、Nylon、Brutusを含むすべての日本の雑誌で働いてきました。

C写真撮影菅野浩平



MAYUMI HOSOKURA

このアーティストはによって賞賛されています フォーム 雑誌や尊敬されるに展示 東京ワンダーサイト 、とてつもない美しさで仕事に注目を集めています。風景に近づいてもヌードに近づいても、彼女のイメージは非常に親密で、しばしば心に残るものです。ここには性的なものがあります–結果と同じくらいインスピレーションに。彼女の本 クリスタルラブスターライト 、売春を許可したとして所有者が逮捕された粘着性のあるレストランにちなんで名付けられました。

ボイラーPhotography Mayumi Hosokura

TAISUKE KOYAMA

小山の抽象的なイメージは大きな写真の虹に似ており、色は深く活気のある波で視聴者を襲います。チューリッヒで上映し、ロンドンを拠点とする小山は、生物学のバックグラウンドとその科学的バックグラウンドを持つ独学のアーティストです( カールステン・ホラー そして オラファーエリアソン )完全な視覚的インパクトで機能するように、物語の層全体を機能させます。

フォトンPhotography Taisuke Koyama

TAKAAKI AKAISHI

東京を拠点に、赤石はいくつかの都市で最高のスペースを展示しています。 Take Ninagawa しかし、にも含まれていました テートモダンのオフプリントアートフェア 。彼の作品はアートの文脈から生まれ、彫刻とインスタレーションに溢れています。写真で覆われたオブジェクトが部屋を乗っ取り、ギャラリーの壁をはるかに超えて移動します。

ハイパーマテリアリティ写真に写真赤石隆明

MAI NARITA

成田は京都に留学し、主に日本で展示を行ってきましたが、すでに注目を集めています。 写真集 。彼女はしばしば空間や風景の詳細をキャプチャします-光と動きでぼやけたりこぼれたりする画像。時々、彼女は詩的な自由形式の物語のテキストで彼女のイメージを伴います。結果は微妙で、親密で、とても美しいです。

から写真成田舞

荒田美濃

荒田の作品は主にホラー物語に基づいており、写真はビデオ、執筆、動き、描画などのミックスの一部にすぎません。この作品には制限があり、エネルギーで満たされています。美濃は演劇も書き、演劇の一部として写真を使用する劇団ヒッピーbを持っています。

NAOHIRO UTAGAWA

歌川は、日本の本質的な感覚で写真を撮ります。その光、ニュアンス、ぼやけ、ディテール、そして現代生活の瞬間の奇妙な垣間見ることは、写真の歴史全体を非常に現代的な方法で反映しています。猫、混沌とした部屋、雪がすべてここにあります。

ホームホームPhotography Naohiro Utagawa

KAZUHITO TANAKA

田中はニューヨークで学び、影響力を 抽象表現主義者 20世紀の画家。レスルは、コンクリートと色のバランスが取れており、展示に設置されたときに幾何学的な表現感が強いアートワークです。彼の最新の作品には、美しい走り書きのレイヤーが含まれています ポロック -よりまっすぐな写真の上に線のように。

造花写真田中和仁

KENYA SUGAI

菅井さんのブログは、アンチフードフォトグラフィーの見事な遊びです。食べられていないポルノの形でそれをキャプチャするのではなく、現実の文書、つまり残り物を見ることができます。汚れたグリースと最後の一口は、過酷で硬い光の中で。結果は中毒性があり、陽気です。

投稿者 菅井健也写真撮影菅井ケニア