日本の10歳のタトゥーアーティスト、ノコに会いましょう

日本の10歳のタトゥーアーティスト、ノコに会いましょう

タトゥーは通常、両親を誇りに思うための最良の方法として知られていませんが、10歳のアーティスト、西垣典子にとっては別の話です。日本出身ですが、現在アムステルダムを拠点に活動しているノコは、6歳の時からタトゥーを入れています。世界的に有名な日本のタトゥーアーティスト、ガッキンが彼女にタトゥーを入れた後からです。 描画を練習するためのシリコン片の皮膚



やってみて楽しかったです!ノコはメールで言います。両親や友達が私の仕事を褒めてくれてとてもうれしかったです。幼い頃から入れ墨を始めるのは珍しいとのことで、とてもおもしろいと思いました。それが私が始めた理由です。

まだ見習いであるにもかかわらず、ノコは12歳のパナマ人と並んで、世界で最も若い現役のタトゥーアーティストの一人です。 エズラドーモン 。しかし、彼女を特別なものにしているのは、年齢だけではなく、花の尾を持つ猫やハート型のペンギンなどのかわいい主題と、スタイル的に間違いのない大胆な線と色のブロックを組み合わせた、ジャンルに反する作品です。日本の江戸時代の木版画で。