タイラー・ザ・クリエイターの歌詞がアラバマ州の学生を困らせている

タイラー・ザ・クリエイターの歌詞がアラバマ州の学生を困らせている

サウス アラバマ大学の学生が、キャンパスの敷地内でタイラー ザ クリエイターの歌詞を落書きした後、テロの脅威を与えた罪で起訴されました。



によると 刑事告訴 、21歳のジャック・アーロン・クリステンセンは、図書館のフリップチャートで、人を殺す、たわごとを燃やす、学校をファックする、悪魔を666に ha haる、悪魔を称賛するなどの書き込みで告発された.冒頭の言葉は、タイラー・ザ・クリエイターの2011年の曲「Radicals」から取られており、伝えられるところによると、9.11テロから18周年を迎えた9月11日かその前後に書かれたと伝えられている.

トラックが開きます: ランダムな免責事項! / ねえ、この曲で言うこと何もしないでよ? / それはクソフィクションです / 何かあったとしても、私を責めないでください、白人アメリカ。

ミュージシャンの歌詞が法的紛争を引き起こしたのはこれが初めてではありません。 2012 年、タイラーの集団 Odd Future は、その叙情的な内容のためにニュージーランドのフェスティバルでの演奏を禁止されました。 2 年後、グループは再びブロックされ、国の入国管理局によって公共の秩序に対する潜在的な脅威であると見なされました。 2015 年、タイラーは 英国から禁止された テリーザ・メイによる英国での彼の存在は、公共の利益に資すると考えられていなかったからです。今年の夏にメイが辞任した後、ラッパーは ツイート : テレサがいなくなった、戻ってきた。



タイラーは最近、彼の最後の試みが失敗した後、禁止が解除されて以来、彼の最初の英国のショーを行った.ショーの間、ミュージシャンはメイのことをあのビッチ(彼)が私を禁止したと言い、ショーの終わりに向かってこう言いました。絶対に謝らない。彼らは私のペニスを吸うことができます.私は戻ってきて本当にうれしいです.

以下のラジカルを聴いてください。