「君の名前で僕を呼んで」の続編からの抜粋を読む

「君の名前で僕を呼んで」の続編からの抜粋を読む

太陽が降り注ぐロマンチックな世界に入ると 君の名前で僕を呼んで 、あなたは決して去りたくないでしょう。幸いなことに、アンドレ・アシマンは次のような続編を書いています 私を見つけて; さらに幸運なことに、彼は今月後半にリリースされる前にスニペットを共有しただけです。



エリオ(ルカグァダニーノの2017年の映画版でティモシーシャラメが演じた)とオリバー(アーミーハマーが演じた)の夏がイタリアで一緒になってから15年後に設定された バニティフェア -公開 抜粋はパリで取り上げられます。

エリオは、ミシェルという年上の紳士が彼を訪ねたときにベートーベンのレッスンを終える音楽教師です。私は晴れやかだったに違いない、と彼は語ります。誰かを驚かせるなんて素敵な方法でしょう。

二人はカフェに向かい、そこでふざけて浮気し、愛の危険について話し合います。彼が過去の関係を振り返るとき-すべて短命-エリオは彼が現在米国に住んでいるオリバーをまだ気にかけていることを認めます。私たちは何年も話していません、と彼はミシェルに言います。私が書いたことがないのは、私が気にしないからではなく、私の一部が今でもそうしているからだと彼は思っているように感じます。彼がまだ気にかけているのと同じように、彼も決して書いていません。そして、これを知ることは私にとって十分です。



愛、ミシェルと息子との関係、そして前の週末の前の日付についてもう少し話し合った後、デュオはミシェルの家に戻ります。先週の日曜日以来、私の頭の中にあることをようやく正確に言ったのは、なんと素晴らしいことでしょう。エリオは語ります。 今夜家に帰らせないで

抜粋全文を読む バニティフェア 、そしてここで素晴らしいラブストーリーを書くためのアンドレアシマンのガイドを振り返ってください。

Find Meは10月29日にFaber&Faber経由でリリースされます