15歳はインターネットの守護聖人になることについてです

15歳はインターネットの守護聖人になることについてです

あなたがあなたを望んでいたなら ピープショー インターネットの守護聖人の称号が15歳のイタリア人コンピューターの気まぐれによって奪われたばかりなので、ミームアカウントは最終的にあなたを聖人の地位に立たせるでしょう。



2006年に白血病で亡くなったカルロ・アクティスは、教皇が彼に奇跡の責任があると見なした後、土曜日(10月10日)にカトリック教会によって列福されました。 1991年に生まれたアクティスは、奇跡を記録するウェブサイトを作成した後、11歳のときに教会の注目を集めました。

による インサイダー 、教皇フランシスコは以前、十代の若者が価値観と美しさを伝えるためにインターネットを使用したと説明しましたが、先週の列福式典で、アゴスティーノヴァリーニ枢機卿は、アクティスができるだけ多くの人々に到達するためにインターネットを使用して福音に奉仕したと述べました。

列福は聖人への第一歩であり、人が天国に入ったという宣言であり、今では彼らに祈る人を導くことができます。アクティスの列福は、10代が2月に最初の奇跡を起こしたと言われた後、6月に最初に発表されました。教皇フランシスコによると、ブラジルの7歳の少年は、アクティスに祈ってTシャツの1枚に触れた後、まれな膵臓の病気で治癒しました。

によって報告されたように AP通信 、Acutisは現代で列福される最年少の人です。 2017年、1900年代初頭に住んでいた9歳と10歳の2人のポルトガルの子供たちは、報告した後、聖人と宣言されました。 聖母マリアを見る 羊の世話をしながら。

誰かが聖人になるには2つの確認された奇跡が必要であるため、アクティスには1つ残された行動がありますが、教皇フランシスコにはこの規則を放棄する能力があります。