25歳の新世紀エヴァンゲリオン:伝説のアニメのオーラルヒストリー

25歳の新世紀エヴァンゲリオン:伝説のアニメのオーラルヒストリー

多くのアニメシリーズや映画は、人間と機械の関係を尋問していますが、 新世紀エヴァンゲリオン おそらく人間を想像した最初の人でした なので 機械。シリーズが1995年に最初に放映されて以来、庵野秀明の画期的なアニメは、戦争、10代のパイロット、陰気な組織、ハイテクガジェット、ロックンソックンロボットを特徴とするメカジャンルの直接の範囲を超えました。



人間、テクノロジー、そして世界の終わりについての彼の曖昧な描写は、テクノロジーによってますます支配される社会に存在することの意味について疑問を投げかけるでしょう。安野のうつ病に関する個人的な経験に触発されて、後のエピソードは、変動するアイデンティティへのますますポストモダンなアプローチを採用し、キャラクターの内面世界と現実自体の性質の探求として役立つ、急速で時には一貫性のない物語のペースを採用します。

東京-3の終末後の世界を舞台に、 エヴァンゲリオン エヴァンゲリオン(またはEVA)と呼ばれる巨大なサイボーグを操縦し、神秘的な天使の攻撃から世界を救うために、影の組織NERVによって採用された14歳の主人公シンジをフォローします。人と機械の境界線を曖昧にするEVAは、単なる機械ではなく、生き物でもあります。機能するには、人間のホストと融合する必要があります。技術的な鎧の下で、10代のパイロットは自分たちをNERV兵士以外のものとして定義するのに苦労しています。彼らは崩壊を経験し、彼らの自尊心を熟考します。彼らはEVAの破壊的な力と自律性を恐れていますが、それなしでは価値がないと感じています。そうすることで、 エヴァンゲリオン 人間の経験の実存的不確実性を明らかにし、次のような質問を提起します:人間は機械を定義しますか、それとも機械は私たちを定義しますか?

伝説のアニメが25歳になると、声優の林原めぐみ(綾波レイを演じる)とボーカリストの高橋洋子が、フランチャイズへの参加とその遺産、そしてクリエイターの庵野秀明との協力について振り返ります。



新世紀エヴァンゲリオンの加入について

Megumi Hayashibara: TVシリーズが発表されたときにオーディションがありました。日本でも有名な漫画なので、ミサトとアスカの両方をオーディションしました。私は当初、ミサトのクールなペルソナ、またはアスカのキュートでエネルギッシュなペルソナにもっと反応し、それらの役割を望んでいました。だから、キャストされたとき、無言のキャラクターであるレイのためだったのには驚きました。特に以前は陽気な役を演じたことで知られていたので。

Yoko Takahashi: もともとバラード歌手としてデビューしましたが、バブル崩壊から4年後(1992年)は売れ行きが悪かったので、代わりにアニメに携わりました。私との出会いは 新世紀エヴァンゲリオン 天国からの贈り物です。それは私のキャリアを再開しました。取り組むのに素晴らしいショーだっただけでなく、あらゆる点で最強のアニメでもありました。

「残酷な天使のテーゼ」をアレンジした大森俊之さんから紹介されました。もともとはエンディング曲「FlyMeTo The Moon」を歌うつもりだったのですが、プロデューサーから「オープニングも歌ってみませんか?」とテーマソング(残酷な天使の天使Thesis ')はテレビで放映されました。



庵野秀明との仕事について

Yoko Takahashi: レコーディング当日に安野に会いました。私は誰よりも早くスタジオに入って準備をしました。黒い服を着てサンダルを履いた男が突然現れた。当時は誰なのかわからなかったので、こんにちはと言ったら安野でした。衝撃的な出会いでした(笑)。

私が最初に歌った曲「残酷な天使のテーゼ」は、ショーやコンテンツについて何も知らずに録音されました。以前の情報は、素晴らしいアニメのようだったということだけでした(笑)。それでも曲も歌詞も難しかったので、「天使は残酷?」と思いました。どこに息を吹き込むのか本当に心配だったのを覚えています。幸いなことに曲は大丈夫でしたが、録音は私を緊張させました。十分に練習していませんでした。まったく余裕がありませんでした。

録音した時点では、主題歌としてどの曲を選ぶかは決まっていませんでした。録音当日、歌詞(残酷な天使のテーゼ)がFAXで届き、大森の助手が急いで楽譜と一緒にコピーした。ぎりぎりでした。

Megumi Hayashibara: レイの感情に関しては、安野監督は私に「抑圧する、抑圧する」と言った。彼は、「レイに感情がないわけではなく、感情を表現する方法がわからない」と説明しました。感情はどこから来るのだろうと思ったのを覚えていますか?わからない場合はどうなりますか?

綾波レイは、感謝の気持ち、気分、皮肉をすべて切り取り、言葉だけに乗って生まれました–林原めぐみ

心と声の使い方のつながりを探りました。私は「コミュニケーションの手段としての言葉」を使用し、爽快なときの音や気分が悪いときのこもった表現など、すべての反応やイントネーションを切り取ることにしました。綾波レイは、感謝の気持ち、気分、皮肉をすべて切り取り、言葉だけで生まれました。

私は(覚えています)「シンジくん、ここに来て」というセリフのためにたくさんのテイクをしました。音と感情のバランスは、少しでも通常とは異なっていました。それを理解するのは苦労しました。撮影の際、安野は「ああ、もう少しこのように、もう一度だけ」と言うでしょう。逃げ道のない迷宮のようでした。彼が何を望んでいるのかわからず、私たちの心の間の距離を測定することもできませんでした。しかし、徐々に違いを理解し始め、その役割へのアプローチをシフトしました。