ダン・ル・バタードは、彼の最後の「非常に疑わしい」ショーを締めくくるために、涙の別れのメッセージを出しました

ダン・ル・バタードは、彼の最後の「非常に疑わしい」ショーを締めくくるために、涙の別れのメッセージを出しました

ダンルバタードのESPNでの在職期間は、マイアミのコラムニストと経営陣の間の戦いに満ちていました。彼は、ネットワークで最も著名で愛されているラジオやテレビのパーソナリティの1人になりました。しかし、彼は常に企業の上司と頭を悩ませていましたが、ESPNで行ったことはセンセーショナルであり、会社がこれまでに見た中で最も影響力のある遺産の1つを残しています。月曜日は4文字での最後の日でした。彼はラジオ番組で新しい機会に移り、取り残されました。 非常に疑わしい ボマニジョーンズなどに。



Le Batardは、ESPNの才能のまったく新しい作物をもたらすのを助け、彼らが会社で最初に雇われたものを超えて、彼ら自身になる場所を提供しました。それは、パブロ・トーレが彼とボマーニをプロファイリングしたときに私に言ったことです。 正午 、そしてその影響力は、ダンの最終日のソーシャルメディアへの影響力と重要性について心からのメッセージを投稿した他の多くの人々にはっきりと感じられました。



特に、ル・バタードにとっては感動的な日でした。 非常に疑わしい 、彼が父親のパピと一緒に始めたショーは、なんとかESPN午後のブロックの定番に成長しました。最後のショーを締めくくるために、ダンはショーを成功させるのを助けてくれたすべての人と、技術的にはスポーツについてでしたが実際にはそれ以上のものである家族のショーに参加したすべての人に涙の別れと心からの感謝を捧げました。

ダンが父親と一緒にショーを行うことができることの意味と、2階の人々と常に目が合っているとは限らない場合でも、ESPNで彼に与えられた機会にどれほど感謝しているかは明らかです。テレビ番組はスポーツテレビ番組の非常にユニークな見方であり、ESPNがとったリスクでした。彼はビデオの中で、パピが最初に始めたときに質問したと述べています。それでも、彼らはそれを機能させ、今ではジョーンズと、ル・バタードが本部と彼のラジオ番組で全国の聴衆に提示するのを手伝った新進気鋭のスターの騎兵隊の手に渡っています。

ESPNでの彼のラジオ番組の最後のエピソードについては、新しい家に移動するように設定されているため、最後の数分間のトーンはその感情的なものとは非常に異なっていました 非常に疑わしい ビデオ。ジョージ・マイケルのフリーダムが完全に演奏された後、グレッグ・コートが彼の足の爪について話す前に、ダン・ル・バタード・ショーだけができたように、それは終わりました。



独自の方法で、彼らはル・バタードの二分法と彼が構築したショーを示すのに完璧でした。