アートワールドの7日間

アートワールドの7日間

アートワールドの7日間、ロンドンを拠点とするカナダのアートライター兼社会学者のサラソーントンは、現代アートの神曲を通して読者を導くウェルギリウスとしての役割を果たしています。ロンドンの90年代後半のクラブシーンに関するソーントンの社会学博士論文、WesleyanPressからクラブ文化:音楽、メディア、サブカルチャーの首都、アカデミックでした
ブランドプランナーやアートマーケット、アート新聞、ガーディアン、アートフォーラム、ニューヨーカーの出版物のアートワールドジャーナリズムと同じくらいフルタイムで彼女の秘密の民族学研究の先駆者。にとってアートワールドの7日間、ソーントンは、国際的な現代アートの世界の7つの魔法陣の明確で鮮明なキャラクター主導の説得力のあるニューヨーカースタイルのプロファイルへの5年間の綿密な調査を凝縮しました:オークション(クリスティーズ)、クリティカル(CalArts)、フェア(バーゼル)、賞(ターナープライザー)、雑誌(アートフォーラム)、スタジオ訪問(村上隆)、ビエンナーレ(ヴェネツィア)。彼女の本がニューヨークのレーマンモーピンギャラリーで発売される前に、彼女はアートが意味を持って投資する人々に今日のアートの意味について話します。

Dazed Digital:アートのさまざまな定義とはどういう意味ですか?
サラソーントン:すべての章で、芸術の一般的な定義が、その基本的な意味付け、思考を刺激する機能の上に浮かんでいます。 「オークション」では、アートは主に投資と高級品として位置付けられています。 「TheCrit」では、それは生涯にわたる概念的な努力と職業です。 「TheFair」では、アートはフェチであり、レジャー活動であり、商品でもあります。 「ThePrize」では、アートは美術館の魅力であり、メディアストーリーであり、アーティストの価値の証拠です。 「TheMagazine」では、アートは言葉の言い訳です。それは議論し、促進するものです。 「TheStudioVisit」では、アートは上記のすべてです。それが、村上がとても興味深いアーティストである理由の1つです。最後に、「ビエンナーレ」では、アートはネットワーキング、国際的な好奇心、そして観光活動のためのアリバイです。

DD:作品を意味のあるものにしているのはアーティストだけではないというあなたの論文を支持するために、批評家ではなくオークションの章から始めることにしましたか?
ST:たぶんそうだ。ルール違反が公式ルールである世界の複雑さを正確に反映していなかったであろう線形の因果連鎖を避けたかったのです。また、アートの世界を構成するさまざまなサブカルチャー間の不一致を強調したかったので、本は対立する陣営の間を行き来することから始まります。

DD:あなたが出会ったほとんどの人は、アートへの本当の興味についてどれほど誠実だと思いますか?
ST:よく紡がれたアートの世界のでたらめは、特に話者が自分の言っていることを本当に信じているときは魅力的です。私は多くの相反する見解を提示しますアートワールドの7日間そして私は読者に彼らが誰に同意したいかを決めさせました。それは本のユーモアの一部です。

DD:アートの世界はユニークなサブカルチャーだと思いますか、それとも実際には学界、ファッション、さらにはクラブシーンなどの他のサブカルチャーと非常に似ていますか?
ST:アートの世界は、志を同じくする単一の実体ではなく、非常に異なるアートの定義を取り入れた、しゃがむサブカルチャーの集まりで構成されています。私はファッションについて詳細な調査を行ったことがありませんが、アートの世界はクラブの文化よりも対立しており(18〜30歳の夜のレジャーに限定されていないため)、学界よりもダイナミックです(かなりです)箱入りの作業環境)。

DD:アートの世界に知的に投資し続けるつもりですか、それとも本が完成した今、自分自身が進んでいると思いますか?
ST:私は学部生として美術史を学び、博士号を取得する前にギャラリーで働いていたので、美術への興味は長年続いています。私はダイヤモンドについて少し研究を始めましたが、今のところ、それは私のアートへの焦点の副産物にすぎません。

DD:アートの世界は、他のより広い力の縮図だと思いますか?
コミュニティ?
ST:それが小宇宙なのか、これから起こるものの形なのかはわかりません。その躁的な国際主義、仕事と遊びの強烈な融合、そして理想主義と唯物論の融合は、最先端のパワープレーヤーの典型として私を驚かせます。

DD:市場が停滞している今、あなたが描いているものの多くが時代錯誤に見えるのではないかと心配ですか?
ST:私はいつもこの本を最近の社会史だと思っていました。最終章「ビエンナーレ」は、サブプライム危機が発生する直前の2007年6月にアートマーケットの最盛期に開催されます。それは実際には幸運ですアートワールドの7日間それが本をより決定的なものにするので、ブームが終わったこと。

DD:あなたの本をアーティストや意欲的なアートインサイダーのための実用的なガイドとして役立てることに興味がありますか?
ST:私はアートの学生を念頭に置いてこの本を書きました。「アートの世界で前進する方法」の入門書としてではなく、彼らが考えることができる一連のストーリーとして、彼らが自分自身についてより創造的かつ戦略的になることができるようにしました。卒業後、そして卒業前でもプロットライン。

DD:アートの世界について、特にアートに興味がありますか?
ST:アンドレア・フレイザー、エルムグリーン&ドラッグセット、ロブ・プルイット、マーク・ディオンなど、アートの世界についてのアートが大好きです。私は一般的に社会的なテーマに取り組むアートに興味があり、ノンフィクション作家として、写真家の美的ジレンマに気付くことがよくあります。

DD:なぜそんなに多くの人がアートに興味を持っていると思いますか?
ST:アートは脳にとって、スポーツは体にとって何であるかです。週に3回ジムに通うと、人々がより幸せで健康に感じるのと同じように、定期的にアートを体験すると、より生き生きと、より目覚め、自分の人生に注意を向けることができます。芸術は麻薬よりも優れた精神拡張であり、文学とは異なり、家から出て行くことができます。その社会性はその魅力の一部です

グランタブックスが発行するアートワールドの7日間。